経済 自動車・バイク 電気・電子・IT 金属・その他製造 農水・食品・医薬 流通・サービス
金融・証券 エネルギー・化学 運輸・インフラ 建設・不動産 政治 社会・労働

政策金利2.75%で据え置き、内需刺激を継続

   
 タイ中央銀行は3日の金融政策委員会(MPC)で、政策金利(翌日物レポ金利)を2.75%で据え置くことを決定した。世界経済が不安定なことから、現行の金利水準の継続による内需刺激が必...

[最終更新]2013年04月04日(木) 09時10分

トップページ ログイン 無料トライアルお申し込み

日刊タイビジネス