経済 自動車・バイク 電気・電子・IT 金属・その他製造 農水・食品・医薬 流通・サービス
金融・証券 運輸・インフラ 建設・不動産 政治 社会・労働

食品CPF、コージェネ設備を3工場に導入

 食品最大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は、コージェネレーション(熱電併給)設備を食品加工3工場に導入する。投資額は4億バーツ。工場でのエネルギーコスト削減を図る。
 中部サラブリ県、バンコク都内ミンブリの鶏肉加工工場、都内の食品加工工場...

[最終更新]2009年6月30日 8:00

※有料サービスをご契約の企業にニュースを配信しています。契約をご検討の際は無料トライアルをご利用いただけます。

トップページ ログイン 無料トライアル


経済 記事一覧

自動車・バイク 記事一覧

電気・電子・IT 記事一覧

金属・その他製造 記事一覧

農水・食品・医薬 記事一覧

流通・サービス 記事一覧

金融・証券 記事一覧

エネルギー・化学 記事一覧

運輸・インフラ 記事一覧

建設・不動産 記事一覧

政治 記事一覧

社会・労働 記事一覧


▲ページトップに戻る

日刊タイビジネスについて 無料トライアルお申し込み 広告掲載のご案内 会社概要(発行・発売元) お問い合わせ