経済 自動車・バイク 電気・電子・IT 金属・その他製造 農水・食品・医薬 流通・サービス
金融・証券 エネルギー・化学 運輸・インフラ 建設・不動産 政治 社会・労働

政策金利を据え置き、政情不安の影響懸念

   
 タイ中央銀行は21日の金融政策委員会(MPC)で、政策金利(翌日物レポ金利)を1.25%で据え置いた。国内の政治的緊張の高まりが投資活動などに影響を与えているとして、利上げを見送...

[最終更新]2010年04月21日(水) 12時11分

トップページ ログイン 無料トライアルお申し込み

日刊タイビジネス