経済 自動車・バイク 電気・電子・IT 金属・その他製造 農水・食品・医薬 流通・サービス
金融・証券 エネルギー・化学 運輸・インフラ 建設・不動産 政治 社会・労働

コメ・マンゴーから有害物質、日本で検出

 日本の農林水産省は3日、政府が輸入したタイ産もち米から発がん性があるカビ毒「アフラトキシンB1」が検出されたと発表した。千葉県も2日、タイ産の生鮮マンゴーから残留基準値を超える殺虫剤が検出されたと発表した。 農水省は、世界貿易機関(WTO)のルールで輸入が義...

[最終更新]2009年04月06日(月) 02時29分

トップページ ログイン 無料トライアルお申し込み


【経済】 記事一覧

【自動車・バイク】 記事一覧

【電気・電子・IT】 記事一覧

【金属・その他製造】 記事一覧

【農水・食品・医薬】 記事一覧

【流通・サービス】 記事一覧

【金融・証券】 記事一覧

【エネルギー・化学】 記事一覧

【運輸・インフラ】 記事一覧

【建設・不動産】 記事一覧

【政治】 記事一覧

【社会・労働】 記事一覧


日刊タイビジネス